気になるほうれい線治療

ほうれい線の原因にもなってしまうたるみの解消法について

ほうれい線を薄くする治療

注射

ほうれい線は、笑いジワが深くなったのではなく、お肌のたるみが大きくなったことが原因でできてしまうものです。このたるみを解消することでほうれい線を薄くすることができるのです。

ヒアルロン酸注射の費用

カウンセリング

ほうれい線やたるみを解消する際は、美容クリニックで治療をするのが得策といえるのではないでしょうか。また、自分の予算に合わせてクリニックでの治療方法を決めることも大切です。

施術の流れを知っておく

医療器具

初めての方は、どのような流れでほうれい線やたるみの治療を進めるのかわからず不安に思う方もいるのではないでしょうか。治療までの流れを先に知っておくことも安心して治療を受けるために大切なことです。

美容整形外科を選ぶ

鏡を見る女性

たるみやほうれい線の悩みを解消したい方は、良い美容整形外科を選ばなくてはいけません。その美容整形外科の選び方を知っておくことで、理想の医院を探すことができるのではないでしょうか。

ほうれい線の原因を知る

鏡を見る女性

ほうれい線の大きな原因

ほうれい線ができる大きな原因に、皮膚のたるみがあります。このたるみは、年齢とともに目立ってくるもので、目元や口元、首などに出てきやすいものです。そのたるみの部分をそのままにすることで、皮膚にあとが付き、ほうれい線などのシワになってしまうのです。
若い頃はたるみもなくピチピチのお肌でも、だんだんと顔の筋肉や、皮膚を支える筋肉が衰えていき、重力に引っ張られて下に下がることでほうれい線ができてしまいます。
また、お肌のたるみの一番の原因は紫外線です。紫外線はお肌に良くないと知っている方も多いと思います。紫外線を受けることでお肌のハリを保っているコラーゲンが減ってしまいます。お肌には自分でコラーゲンを生成する力がありますが、その生成する力のある細胞を、紫外線が傷つけてしまうのです。それによりお肌のハリが失われ、たるみやすくなってしまいます。
紫外線を浴びることによりどんどんお肌のハリが失われ老化してしまうので、日頃からしっかりと紫外線対策をしましょう。

過度のダイエットには注意が必要

紫外線以外にもお肌のたるみが出てしまう場合があります。それは、ダイエットです。運動をしたり食生活に気を使ってダイエットをしたりするのは健康的にも良いことで、新陳代謝も上がりお肌を綺麗にすることができます。栄養をしっかりと摂りながら痩せることで美しくなることができますが、過度のダイエットで急激に痩せてしまう他、脂肪吸引を行うと脂肪で伸びていたお肌がその急激な痩せ方に追いつかず、膨らませた風船がしぼんだようにたるんでしまいます。これは体だけでなく、顔にもたるみが現れてしまいます。このたるみによってもシワが刻まれ、ほうれい線ができて老けて見えてしまうのです。
20代~30代のうちは、過度でなければダイエットをしてもたるんだりほうれい線ができてしまったりすることは無いですが、年とともにお肌のハリを保つコラーゲンが減ってしまうと、ダイエットをする事によってたるみが目立ってしまう可能性があるので注意が必要です。もしダイエットをする際に脂肪吸引を行う場合は、たるみやほうれい線の原因になってしまわないかしっかりと医師の話を聞いてから施術を受けるようにしましょう。

たるみやほうれい線を無くすには

たるみやほうれい線を無くす場合は、美容整形外科で治療を行うことができます。加齢でコラーゲンの生成力が失われてしまうことによりお肌のハリが無くなってたるみができますが、そのコラーゲンを作る役目のある細胞を活性化させる治療や、お肌にハリを与える事のできる成分を注入する治療法などを受けることができます。また、切開してたるみを除去する手術など、さまざまな治療法があります。自分の肌のたるみの原因を知り、それに合わせた治療法を行ってくれる医師のいる美容整形外科を見つけてハリのあるきれいなお肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2017 ほうれい線の原因にもなってしまうたるみの解消法について All Rights Reserved.